埼玉の樹木葬について

subpage1

埼玉には霊園が多く、その種類もいろいろなものがあります。そして、最近では自然葬の1つとして人気のある樹木葬を選べるところもたくさん見つけることができます。


樹木葬は墓碑の代わりに樹木や花を墓標として遺骨を埋葬する方法で、墓石を使わないので一般の墓よりも費用が抑えられる上に、墓の後継者を必要としないため、特に永代供養の墓を探している人の間で人気があります。

散骨情報について詳しく解説しております。

そんな樹木葬が可能な霊園を埼玉で探す場合はまず、自然の中に眠ることになる「里山型」とガーデニングタイプもある「公園型」のどちらを選ぶかを決めるようにすると良いでしょう。
なお、公園型の場合には個別区画を利用する形になるものと、木の下に合同で埋葬する形になるものの2種類があるので、この点も良く考えることをお勧めします。
そして埼玉の場合には、自然環境が残っている郊外的な地域と、東京の近くで都会的な地域の両方のタイプがあるので、樹木葬に対するいろいろな好みや希望に応えられる可能性が高いと言えるはずです。

Yahoo!知恵袋情報収集ができます。

また、由緒ある寺院で樹木葬を行っているところもいくつかあるので、お寺での埋葬を考えている場合は、そんなところを見学させてもらうのも良いでしょう。

さらに埼玉では圧倒的な解放感を感じられるようなスケールの大きなところから、色とりどりの花に囲まれて洒落た雰囲気の美しいところまで、全く違う雰囲気の霊園があるので、選択に迷った場合は異なるタイプの霊園を両方見学してみて、どちらが自分に合っているかを考えてみると参考になるはずです。



意外な事実

subpage2

自然葬は墓石を設けない葬送の方法で、茨城では主として樹木葬が行なわれています。墓石を建てなければ自然葬になるので、土葬や風葬・鳥葬でも構いませんが、現在の日本の法律では火葬がほぼ必須になります。...

next

対策方法

subpage3

首都圏エリアにあって豊かな自然に恵まれている茨城県内においても、樹木葬などの自然葬を行うことができる霊園が増えてきました。また、太平洋に面した利を生かして海へ散骨する海洋葬も注目されています。...

next

葬儀の基本知識

subpage4

最近、茨城では自然葬を選ぶ人たちが多くなってきています。自然葬の特徴は、一般のお墓のようにお寺や自治体が運営する霊園などに墓石を設置して埋葬するものとは違い、墓石などのように人工的に作られたものを使わずに、遺体や遺灰などを墓石に埋葬しないで、海や山などの自然に散骨などによって直接還していくもので、繰り返し循環をしている自然の中のもといた場所に帰すという特徴があります。...

next

葬儀をよく学ぶ

subpage5

日本では1999年以降に行われるようになった埋葬法として樹木葬があり、従来の様な墓石ではなく樹木を墓標として遺骨を土に還す自然葬の一つとして徐々に認知されています。基本的には宗教や宗派を問われる事はなく、管理体制もしっかりしているので清掃や合同法要の心配もありませんし、墓守など後継者の心配もない事から、故人が生前終活の中で樹木葬の存在を知り家族に希望している場合も多いのです。...

next