茨城では自然葬を選ぶ人が増えています

subpage01

最近、茨城では自然葬を選ぶ人たちが多くなってきています。

自然葬の特徴は、一般のお墓のようにお寺や自治体が運営する霊園などに墓石を設置して埋葬するものとは違い、墓石などのように人工的に作られたものを使わずに、遺体や遺灰などを墓石に埋葬しないで、海や山などの自然に散骨などによって直接還していくもので、繰り返し循環をしている自然の中のもといた場所に帰すという特徴があります。茨城では、お墓の管理をしてくれる人がいないなどの理由でお墓じまいをする人が多くなってきたり、もといた自然に帰りたいと考える人が増えてきているため、自然葬を選択する人が年々増えてきています。


行う方法は、遺骨や遺灰を粉状にして、海や山などの自然に散骨する方法や、お寺や自治体の霊園などの墓地として認可されている場所の樹木の下に還す樹木葬も自然葬の一つの方法です。



散骨を行うときは、行う業者によって埋葬許可証が必要になってくる場合がありますが、散骨を行うに、必要になってくる届け出などは特にありませんが、すでにお墓に埋葬されている遺骨を散骨を行うときは、お寺や霊園の管理者の許可を得てから散骨を行います。
また、散骨した後のお墓は、御霊抜きをしてから更地に戻し、お寺や霊園などに返すことになります。

毎日新聞ってとにかくお勧めなんです。

このとき、改葬ではないので、改葬許可証はいりません。

このように、茨城では、海や山などの自然で散骨を行う自然葬を選ぶ人が年々増えていています。