茨城県で選ばれている自然葬

subpage01

首都圏エリアにあって豊かな自然に恵まれている茨城県内においても、樹木葬などの自然葬を行うことができる霊園が増えてきました。
また、太平洋に面した利を生かして海へ散骨する海洋葬も注目されています。



茨城での海洋葬は、大洗から出港して、許可された海域で粉末状にした遺骨を散骨する方法で行われますが、遺族自らが乗船して散骨する方式と、業者に委託して散骨してもらう代理海洋散骨があります。


遺族が乗船するプランは概ね14万円から20万円ほどかかりますが、代理散骨は5万円ほどとなっています。

遺族が乗船するプランでは、他の遺族と合同かどうかや、代理散骨も複数名の遺骨が集まらないと行われないなど、細かい違いがありますので、事前の検討が大事です。

茨城県内で首都圏からのアクセスが特に良いのは、海側ではなく千葉県との県境に近い利根川沿いになりますので、お墓参りのことを考えた場合、やはり樹木葬が一般的と言えます。

朝日新聞デジタル情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

墓碑に模した樹木の元に散骨しておこなう自然葬ですが、海洋葬のように粉末にして散骨する方法もあれば、遺骨の状態で埋葬する方法もあります。

一人の埋葬ごとに一本ずつ樹木を植えたり、シンボルツリーと呼ばれる大きめの木の周りに散骨したり、区画を設けて個別に埋葬するといった種類もありますので、あらかじめ霊園ごとの違いを確認しておくことが重要です。茨城県内は、植物の生育にとって恵まれた環境の地域ですが、個別の樹木を植えることが可能な霊園でも、生育できる種類かどうか事前に調べておくと良いと考えられます。

自然葬が選ばれる背景には、環境保護や自然回帰への関心の高まりがあります。



自然環境にとっても良い葬送ということで、それを望む人が増えています。