茨城で利用できる自然葬のプラン

subpage01

自然葬は墓石を設けない葬送の方法で、茨城では主として樹木葬が行なわれています。


墓石を建てなければ自然葬になるので、土葬や風葬・鳥葬でも構いませんが、現在の日本の法律では火葬がほぼ必須になります。また厳密には散骨して墓を残さないことを意味しますが、墓石の代わりに木を植えて墓標にすることも、自然に還るという点では自然葬の一種と考えられます。遺体を山へ還すことは古代から日本人の習慣であり、それに倣った自然葬は葬送の本来の姿とも言えるでしょう。

自然葬は遺体を自然に還すという精神的なメリット以外にも、墓石を作らないのでお金がかからないという現実的な利点があります。

また少子化や核家族化が進み、先祖代々の墓を守るという考え方が薄れてきたことも、普及が進んできた背景にあります。



さらに墓地を造成する必要がないため、環境保護に役立つという見解もあります。

goo ニュースについて考えます。

このように色々な理由から、茨城でも近年注目を浴びている葬送方式です。
散骨にしても樹木葬にしても、遺骨を埋める場所には規制があり、土地の所有者とトラブルを起こさないよう注意する必要があります。

茨城では一部の寺院や神社などが、樹木葬のできる霊園を提供しています。
多くの場合は霊園の利用と永代供養がセットになっており、墓所の面倒を見る人がいなくなっても、合同慰霊祭などの形で供養を受けることができます。

このほか家族やペットと一緒に眠れるプランなども用意されています。